育毛シャンプーの言葉からは「髪の毛を育てる」「美しい髪の毛に仕上げる」といった印象を受ける人が多いでしょう。

しかしこれは今生えている髪の毛に働きかけることよりも、頭皮にすこやかな髪の毛が生える環境作りをするものです。

このシャンプーを使えば発毛が促されるということではなく、髪の毛が生えるために必要な環境を整えるものと考えられます。

健康ですこやかな頭髪が生える頭皮の環境とは、毛穴に油汚れが詰まっていること無く、頭皮が剥がれていない状態です。

毛穴に皮脂が詰まっていれば発毛を妨げ、生えてこないもしくは細く力がない毛しか生えてこないということになります。

また詰まってしまった皮脂が酸化してしまえば、頭皮の荒れにもつながります。

すすぎ残しのシャンプー材なども、頭皮の荒れや炎症を引き起こします。

これらは薄毛の原因となるのです。

毛穴がどのような状態にあるのかを肉眼で確認することは難しく、育毛サロンや発毛クリニックなどにある特殊なカメラで見ることができます。

薄毛が気になる、将来的に心配という人は、そのような機関を訪れて頭皮環境を把握してみるといいでしょう。

その時に自分いあっている育毛シャンプーの種類や正しい洗髪方法などもレクチャーしてもらえます。

頭皮の色や硬さ、皮脂の状態であれば、頭皮チェックを自分で行うことができます。

赤みが強い頭皮は炎症の可能性があり、黄味がかったものも健康ではありません。

白く透明感があるような頭皮が健康です。

マッサージしやすいような柔らかい硬さが健康で、ぶよぶよと浮腫んだようなやわらかさや、硬すぎる感触も、両方良い環境ではありません。

皮脂も乾燥しすぎトラブルを招きやすくなり、抵抗力が落ちてしまいます。

ベタベタと皮脂が過剰な状態もまた、ニオイやかゆみ、酸化を招いてしまいます。

適度な皮脂で潤っている状態がベストです。

現在の頭皮の状態に合わせて育毛シャンプーを選びます。

主にノーマル、ドライ、オイリーの3種類に分かれていますが、中には判断しにくいものもあります。

脂っぽいのに皮がぼろぼろと禿げるようなドライの状態が確認できたりといった2つの状態が確認できてしあうこともしばしばあるのです。

ブランドサイトなどではチェックシートがありますので、それによって自分の頭皮の状態のおおよそは確認できます。

しかしどうしてもわからない、迷うといったときには、育毛サロンや育毛専門クリニックのカウンセリングを受けると、はっきりと把握することができますのでおすすめです。