健康的な髪質を保つために大切な事というのは、やはり毎日するシャンプーを気を付けるという音では無いでしょうか。

しかし余り正しいシャンプーの仕方といっても自信を持って答えられる人は少ないかもしれません。

間違ったシャンプーの仕方で洗ってしまうと洗髪をしているのに逆に髪を傷める事にもなりますので、今回は一度正しいシャンプーの仕方について書いていきたいと思います。

是非一度試してみ下さい。

まず基本的には頭皮の汚れをしっかりと落とすことが大切なのですが、同時にマッサージをしながら洗うと良いようです。

そしてシャンプーの際には二度洗いも大切です。

まず一回目のシャンプーは頭皮についた汚れやほこりを取り除くことを意識しつつ洗いましょう、そして二度目には角質を取り除く事と血行を良くするために更にマッサージをしつつしっかりと行う事重要です。

頭皮は一定期間で生まれ変わる物ですので、古い角質は落とし、そして新しく生まれて来る細胞の為に頭皮に適度な刺激を与える様にマッサージを行ってみてください。

シャンプーが終わった後にはトリートメントですが、髪に栄養を与える大事な作業ですので、しっかりと行う様にしてください。

トリートメントは髪の表面を守るとともに内側にも栄養を送り込んでくれます。

しかし、注意点としては頭皮にはもみ込まない様にしてください。

そしてトリートメントを髪になじませたら5分ほど髪に染み込むまで時間をおきましょう。

そして以上の洗髪が終わった後にはブラシで溶かしてあげてください。

そうするとキューティクルも引き締まって仕上がりも綺麗になるかと思います。

自分の頭皮のウイークポイントを知る

育毛シャンプーは大きく分けてアルコール系、石鹸系、アミノ酸系があります。

それぞれに長所短所があります。

またシャンプータイプの中にも特徴を作って製品化してゆきますので、内容成分も様々になるのです。

内容成分が自分にあっているのかも重要なポイントとなります。

育毛シャンプー選びはこのように「シャンプータイプ」と「内容成分」が「自分の頭皮環境に合っているか」で決めます。

シャンプーで刺激や爽快感を求めるならばアルコール系の選択もアリです。

もしシャンプーによるダメージを軽減させたいのであれば、石鹸系やアミノ酸系になり、ダメージを最大限に軽減させた上に育毛成分の浸透や育毛環境を整えることを重視すれば、育毛成分との相性が良いアミノ酸系となります。

しかし値段的に違いがあり、安価なものはアルコール系に多く見られ、その次に石鹸系、そして一番値段が張るのはアミノ酸系です。

継続して使い続ける上で価格帯は重要ですから、高くて毎日使えないということでは意味がありません。

アルコール系は頭皮への負担が大きなものですが、正しいシャンプーによって軽減させることはできます。

自分で続けられる範囲から初めて見ましょう。

もちろんちょっとのムリで使い続けることが出来るなら、石鹸系やアミノ酸系がおすすめです。

また自分の頭皮のウイークポイントをしっかり知れば、どういった内容成分のものが自分にマッチしているのかも分かってきます。

同じく天然由来であっても花が使われているのか、葉が使われているのか、実なのか、海藻由来、生薬など様々です。

リーフレットやHPなどでしっかり確認しておきましょう。

原料の特性もありますので、事細かく知ることも大切です。

これによって頭皮環境は改善されてゆきます。

近頃ではお試し用の小さなボトルなども売られています。

1回2回ほど使っても良さは分かりにくいものです。

特に石鹸系やアミノ酸系は、アルコール系を長年使ってきた人にとっては、少々刺激が少なすぎるという物足りなさを感じてしまうかもしれません。

試供品では容量が少なすぎて分かりにくくても、お試し用で3回から1週間ほど使用してみると、おおよその感覚はつかめるでしょう。

明らかな改善が見られることはそれぐらいの回数では出てくることは極稀ですが、「なんとなくいいみたい」という感覚があれば「合っているシャンプー」という可能性が高くなります。

ただし育毛シャンプーは頭皮環境を整えるものですので、それによって髪が増えたり薄毛が解消されたりということは期待できません。

育毛剤の効果をあげるドライヤーの使い方

育毛剤の効果は人それぞれですが使い方や商品によっても違いが出てきます。

薬局とかドラッグストアーなどで扱っているものは医薬部外品なので、長く続けていって初めて効果を実感できるものです。日常のケアとして使うものなので金額は安くおさえて効果を引き出したいです。

もし効果を上げる方法があるなら悩みの解決が早くなり、毎日のストレス軽減につながります。使うタイミングとしてはお風呂あがりが多いのでここでドライヤーの効果について考えてみます。

お風呂上がりにチャンスを逃さない

お風呂上がりなら頭皮もやわらかく清潔でキレイな状態になっています。もちろんお湯やぬるま湯で洗ったのなら血行もスムーズになっているはずです。

ここでしっかりドライヤーを使って髪の毛を乾かすことと頭皮もキチンとキレイに乾かすのです。
意外と多くみられるのが髪の毛や頭皮が濡れたまま使ってしまうことです。完璧に乾かすと乾燥してふけやかゆみの原因になりますが、湿った状態に使うこともよくないです。

大事なことは素早くまんべんなくドライヤーを使い乾かすことです。そうすれば無駄なところに使用してしまう心配もないし、蒸れることもなくなります。

最初にタオルで髪の毛をふき取るところから注意してドライヤーで乾かす時間短縮につとめるようにするのがいいです。

長髪の女性はドライヤーをうまく活用しますが、短髪の男性はドライヤーを使わずタオルでふくだけで終わる人もいますのでそこは注意が必要です。

乾かさないと後からニオイの原因になったり頭皮の負担になったりするからです。

ドライヤーを使う利点

育毛剤を使うなら頭が乾くのを待つのではなくドライヤーをうまく使います。

自然乾燥だと水分が蒸発するのを待つことになり、その間頭皮は湿った状態です。つまりせっかくお風呂で頭皮と髪の毛をキレイに洗ってもまた血行を悪くする可能性があるのです。

髪の毛が自然乾燥していくうちに頭皮の温度が奪われることがありますし、もちろんいくらいいい薬を使っても浸透しにくいです。

普段からのケアは大事ですが頭皮の環境も大事なのです。

髪の毛と頭皮の環境を整える

育毛剤を使うのは大事ですがそのベースとなる頭皮の環境作りがさらに大事になるのです。
頭皮が砂漠状態に使ってもうまくいきませんし、逆に湿った池の状態に使ってももったいないことになるのです。

髪の毛のケアを考えるのなら海外育毛剤の事まで調査するべきだと考えられます。

お風呂上がりにうまくドライヤーを使うことができれば問題解決をスピーディーにすることができるのです。